メモログ!~ITインフラSEの備忘録~

ITインフラ系システムエンジニアの雑記帳です。インフラ系の技術ネタをメモしてます。

iOS10発表!!

6月になりました。
私、すっかり忘れてました。。。
WWDCの季節でしたね~。

iPhone6sで満足してしまって、気にすら止めてませんでした。

今回のアプデで一番気になったのは、
「迷惑電話かも」通知です。

知らない番号からかかってきたらネットで検索して調べたうえで次回着信するか、着信拒否するか決めているんですが、手間なんですよね。。。   精度が気になるんですが、どこかのデータベースをあらかじめ検索するのでしょうか??
使い勝手が良ければいいですね。

違う視点から気になることを。。

ITインフラを預かる身として、気になることがいくつかあります。
これは今回のアップデートに限らず、過去に起こったことをこれからも起こりうることとして頭に置いておきたいと思っている内容です。
大多数であろう個人ユーザーの皆さんにはたぶん、あんまり、関係ないことかもしれませんが、ま、備忘録として。

_

SIMフリーにした時に遭遇したこと。

APN Payload問題って聞いたことありますか?
各キャリアの電波網に接続するために必要な「システム上の手続き」なのですが、これが2種類存在していました。
iOS9になった時にAppleがこれを1つに集約させました。
大手キャリアは「キャリアアップデート」で対応させていましたが、MVNO(仮想移動体通信事業者=格安SIM)ではこのアップデートを提供していませんでした。
そのため、iOS9にした途端、電波をつかむことができなくなりました。
新規ユーザーを取り込みたいMVNO各社はいろいろ頑張って、設定方法を公開したりプロファイルを配布したりするようになってきました。
価格が安い分、そういう「保障」が薄いのがMVNOです。
自己責任といえば自己責任なのですが、今後総務省ガイドラインの効果もあってMVNOへ乗り換える方も増えてくるでしょう。
各社サポートを厚くしてくるとは思いますが、ユーザーとしては「学ぶ姿勢」を持つようにしないといけませんね。
APN Payload問題は今後しばらくは無いでしょうけど、他ので引っかかる恐れはあります。
今後、特に格安SIMユーザーとしてはアップデートする前に各社から注意喚起が出てないか調べる必要があることを頭に置いておかないといけません。

WiFi認証での不具合が出ることも

どっちかというとビジネス用途の方が対象になると思いますが、先日、iOS8から9にアップデートしたら社内認証に通らなくなった事件がありました。
8の時は問題なかったのですが9にアップしたらどうもTLS認証のロジックが変わってしまったのか、認証動作に行かなくなりました。 Appleは強気な態度ですので、われ関せずを貫いてました。
仕方がないのでAP側でのiOS対応を待つしかなく、APのソフトウェア更新で使えるようになりました。
たまたまiOSアップデートしたのが少数だったためiOS8の代品対応で事なきを得ましたが。。。

やっぱり、ビジネスユースであれば事前検証は必要ですね!
忘れずに、怠けずにやりましょう!というお話でした。

いずれにしてもソフトウェアのメジャーアップデートは「何かある」と思って慎重に対応しましょう!